Home / 計画日誌 / 座間で葬儀に参列した

座間で葬儀に参列した

人数合わせの一員になり座間市の葬儀に顔を出すことになり、
式場である古民家を訪問しました。
家主の夫の葬儀であることは事前に知らされていましたが、
移住計画を有している張本人という事実は初耳で驚きを隠せません。
夫婦で北欧移住を考えていたとのことですが、
あいにく葬儀を期に頓挫してしまいました。
代わりに移住計画を代わりに実行してくれないかと依頼された瞬間、
人生観を変える契機になると確信できました。
北欧移住してからの生活を一生涯続けるのではなくて、
現地の風景を撮影して持ち帰る責任が与えられることになります。
葬儀が滞りなく終わると、渡航手順などを夜が更けるまで話し込みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*